池田泉州銀行カードローンを徹底分析!審査や金利などサービス内容を口コミと合わせて確認

2017最新版
おすすめのカードローンとキャッシング18社を目的別に比較してみましょう
池田泉州銀行カードローンを徹底分析!審査や金利などサービス内容を口コミと合わせて確認
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

大阪府民には「せんぎん」の名でお馴染みの池田泉州銀行が用意する池田泉州銀行カードローンについて、今回は口コミなども参考にしながら他社の銀行系カードローンと比較してメリット・デメリットを紐解いていきます。

池田泉州銀行カードローンの商品元会社の株式会社北洋銀行については、第二地方銀行に区別されます。

池田泉州銀行では4種類のカードローンを取り扱っています。

池田泉州銀行カードローンは収入証明書が用意する必要もなく最大300万円までキャッシングが可能です。配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもお申込みが可能です。

また、金利は一律14.5%となっているので、銀行カードローンの中では標準的な設定になっています。

お申し込みについては2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にお住まいの方に限られますのでご注意ください。

ここからは審査やお申込み方法など、詳しく解説していきますのでしっかりと理解して確認しましょう。

実質年率最高限度額審査時間最短融資
14.5%(固定金利)300万円最短翌営業日最短翌営業日
アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
可能300万円まで無料かんたん仮審査
目次
  1. 池田泉州銀行カードローンとはどんなローン?サービス内容を確認
    1. ─池田泉州銀行カードローンとは?
    2. ─池田泉州銀行カードローンの商品情報
    3. ─提携ATMについて
  2. 池田泉州銀行カードローンのメリット、デメリットから見る池田泉州銀行カードローンの利用価値
    1. ─メリット
    2. ─デメリット
  3. 池田泉州銀行カードローンの審査基準を抑えて審査の流れを確認!
    1. ─申し込み資格者
    2. ─必要書類(収入証明書)
    3. ─申込方法
    4. ─在籍確認
    5. ─保証会社
  4. 池田泉州銀行カードローンは即日融資可能?気になる時間
    1. ─借入方法
    2. ─店舗数
  5. 池田泉州銀行カードローンの金利はどうなの?他社とも比較
    1. ─限度額
    2. ─月々の返済(シュミレーション)
    3. ─返済方法
    4. ─おまとめローン
  6. 池田泉州銀行カードローンのまとめ
  7. 池田泉州銀行カードローン口コミ・評判を確認!

池田泉州銀行カードローンとはどんなローン?サービス内容を確認

まずは池田泉州銀行カードローンとはどんなローンかサービス内容をしっかり確認!

競合他社と比較しながら、客観的に池田泉州銀行カードローンのデメリット、メリットを含め分析しましたので確認してみましょう。

池田泉州銀行カードローンとは?

池田泉州銀行はいわゆる戦後地銀の池田銀行と泉州銀行が2010年5月1日に合併して発足しました。

そして合併に伴い、旧池田銀行が5店舗、旧泉州銀行が4店舗改称・再編されました。

現在では、預金残高が近畿地銀の中で第2位、外貨両替取扱高は全国地銀の中でも第1位の規模を誇ります。

資本金は613億円、店舗数は139ヶ店にのぼり、店舗外ATMは225ヶ所に設置されています。

池田泉州銀行は関西地銀の中ではトップクラスの銀行です。

しかし、大手のローンは基本全国対応なので、この点は申し込み前に注意が必要となってきます。逆に言うと地域密着型なのでカードローンランキングでも上位に位置するメガバンクと同等のサービス展開が出来ていると言えるでしょう。

池田泉州銀行カードローンの商品情報

池田泉州銀行カードローンのHP内に記載がある商品の特長は下記通りです。参考にしてみましょう。

Point1
専業主婦やアルバイトでも申し込みが可能
Point2
webで簡単申し込み
Point3
キャッシュカードでご利用OK!
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

下記が池田泉州銀行カードローンの商品情報となっております。

サービス名池田泉州銀行カードローン
お問い合わせ番号0120-069009
審査結果最短翌営業日
最短融資最短翌営業日
ご融資額300万円まで
ご契約額当初のご契約限度額の範囲内でご契約限度額が変動することがあります。
収入証明書不要300万円まで
お試し審査無料かんたん仮審査
金利適用方式固定金利
借入利率14.5%(固定金利)
遅延利率19.9%
返済方式約定返済方式
ご返済期日毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
ご返済期間・ご返済回数1年(原則として審査のうえ自動更新)ただし、満70歳になれば自動更新は行いません。
資金使途自由(ただし、事業性資金を除きます。)
担保・保証人新生フィナンシャル株式会社
提携ATMについて

池田泉州銀行ATMや全国のコンビニATMで利用することができます。

手数料は時間帯によって変わってきますが、無料にはなりません。

手数料は1回の利用ではたいしたことはなくても、利用回数が重なると大きな負担になります。

手数料も利息と考え、計画的に利用しましょう。

●提携ATM利用手数料について
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33
提携ATM利用手数料(税込)
8時45分~18時18時~8時45分
108円216円

金額によってではなく、時間帯によって手数料が変わります。

必要な金額を計算し、なるべくATM利用回数を減らしましょう。

池田泉州銀行カードローンのメリット、デメリットから見る池田泉州銀行カードローンの利用価値

池田泉州銀行カードローンのメリットとデメリットを客観的に見てどうなのかを下記通りまとめてみました。

いいところあれば足りないところももちろんございます。いいところばかりではないのでデメリットの部分も含めて確認してみるといいでしょう。

池田泉州銀行カードローンのメリットは?

池田泉州銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのか下記から確認!

他のキャッシングサービスとも比較してみましょう。

●低金利での借入ができるカードローン

消費者金融では最高金利が18.0%のところがほとんどなので、消費者金融と比べると銀行カードローンならではの低金利に設定されています。

池田泉州銀行カードローンは固定年利で「14.5%(固定金利)」となっていますので、借入枠によっては変動しません。

大型融資を希望の場合は他のカードローンであれば、もっと低い金利でキャッシングできる可能性がありますので比較して確認しましょう。

●2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に住んでいる方・勤めている方

申し込みをするにあたっての条件が、2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に住んでいる方及びお勤めの方のみとなっておりますので、2府4県の方々は自動的に池田泉州銀行カードローンのサービスを受ける資格があります。

特に大阪で活動することが多い方にとってみれば便利なサービスになっています。池田泉州銀行は大阪に店舗が数多く設置されており、利便性も高くなっています。

●収入証明書が300万円まで不要

2010年に施行された貸金業法により、消費者金融系のカードローンや信販系のカードローンで50万円の借入を希望する場合、または複数の金融業者からの借入額の合計が100万円を超える場合、申し込み時の収入証明書の提出が義務付けられるようになりました。

収入証明書の提出を求められると、面倒な方もいらっしゃるかと思います。

でも池田泉州銀行カードローンなら、銀行カードローンのため300万円までの借入額なら収入証明書の提出は不要です。

そのため、収入証明書を準備することが難しい方にはカードローンおすすめと言えるでしょう。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34
●総量規制対象外

平成22年から消費者金融では多重債務者を減らす目的で「融資は年収の3分の1までにする」という規制が実施されました。

この規制のことを「総量規制」といいますが、これは貸金業法の規制になっていますので、対象は貸金業者だけとなります。

貸金業者には消費者金融やクレジットカードのキャッシングが当てはまります。

一方、銀行カードローンの場合は貸金業者とは違うので、総量規制対象外となり、融資の際の上限が年収3分の1までという規制はありません。

審査によって年収3分の1以上でも融資可能という結果が出れば、消費者金融では貸付できない金額での借り入れも可能になるのです!

●メリットまとめ

金利が低く、収入証明書が必要はないので気軽にりようすることができるでしょう。

また、総量規制対象外なので審査を通れば大型の融資を受けることも可能です。保証や担保も必要ないので本人確認書類だけあればお申込みができます。

・低金利でお借り入れされたい方

・2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に勤務地のある方

・収入証明書が用意できない方

上記の方には池田泉州銀行カードローンがおすすめカードローンではないでしょうか。

池田泉州銀行カードローンのデメリットは?

池田泉州銀行カードローンの借り入れに適さない場合もあります。

以下の点も確認して、自分に適した借り入れの仕方や計画的なキャッシングをしましょう!

●2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に勤務地がある方のみの申し込み条件となっております。

借り入れ申し込みの際最も重要な条件の一つに挙げられるのは、2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に勤務地がある方しか申し込み出来ないことが挙げられます。

2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にゆかりがある方はいいかもしれませんが、そうでない方にとってはお申込み資格がないのでご自分の居住区域にある銀行を検討してみましょう。

●無利息期間がない!

池田泉州銀行カードローンには無利息期間がありません。同じ銀行でもレイクやジャパンネット銀行のネットキャッシングでは無利息期間があります。消費者金融ではプロミスやアコム、ノーローンに無利息期間があります。

つまり短期的な借入れですぐに返済する見通しがあるなら無利息期間があるところで借りた方が金利が0円で済むのでお得に借りることができます。

●デメリットまとめ

池田泉州銀行カードローンには申し込み条件が「2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にご勤務先があるかた」のみの申し込み条件となります。

ですので、必然的に2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にいらっしゃらない方は申し込み条件から外れてしまいます。

そして、低金利ではありますが無利息期間はありません。

つまり、短期間で完済する見通しがある場合、無利息期間のあるカードローンの方がお得な借り入れができます。

池田泉州銀行カードローンの審査基準を抑えて審査の流れを確認!

色々比較した結果、池田泉州銀行カードローンをお申込みしたいと考えている方は池田泉州銀行カードローンの審査の流れを予め把握しておきましょう。

一度お申込みされますと信用機関にお申込み内容が登録されますのでお申込み内容に不備がないよう、間違いがないようしっかり確認してからお申込みしましょう。

また他社カードローンのお申込み方法と審査時間などを一覧にしてみましたので池田泉州銀行カードローンと比較して参考にしてみましょう。

サービス名お申込み方法審査時間融資時間お試し審査収入証明書不要
銀行池田泉州銀行カードローン

インターネット

電話

FAX

郵送

最短翌営業日最短翌営業日
三菱東京UFJ銀行カードローン

インターネット

テレビ窓口

電話

郵送

最短30分最短即日
みずほ銀行カードローン

インターネット

店頭窓口

電話

郵送

最短即日最短即日
新生銀行カードローンレイク

インターネット

自動契約機

電話

郵送

申込完了後に画面表示最短即日
消費者金融プロミス

インターネット

プロミス自動契約機

三井住友銀行ローン契約機

店頭窓口

電話

郵送

最短30分最短1時間
アコム

インターネット

むじんくん(自動契約機)

店頭窓口

電話

郵送

最短30分最短1時間
アイフル

インターネット

契約ルーム

店頭窓口

電話

最短30分最短1時間
モビット

インターネット

ローン申込機

電話

郵送

最短30分最短即日
申し込み資格者

まずは池田泉州銀行カードローンに実際にお申込み出来るのどうか確認しておきましょう。

銀行カードローンですので、審査は消費者金融のカードローンよりも厳しくなります。

まずは審査の前に申し込み資格があるか確認しておきましょう!

お申込みいただける方

・お申込時満20歳以上満70歳以下の方。

・安定したご収入のある方。

・2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)

・保証会社の保証が受けられる方

上記を見る限り、2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にお住まいの方及びご勤務されている方かつ20歳以上で安定した収入がある方であれば、基本的にどなたでもお申し込みをすることが可能です。

ただし、過去に金融事故を起こしている方や現在、ブラックの方ですと審査内容よっては借り入れ出来ない可能性も高くなります。

必要書類(収入証明書)

お申込み時に必要な書類を予め把握しておきましょう。

予め用意しておけば急いでる方でも安心ではないでしょうか。

池田泉州銀行カードローンの審査時には下記書類等が必要となってきます。

本人確認書類

・運転免許証(写)

・健康保険証(写)

・パスポート(写)

・住民基本台帳カード(写)(顔写真付きのもの)

・住民税決定通知書または課税証明書

・個人番号カード(写)(表面のみ) 等

※上記以外の本人確認資料については、池田泉州銀行までお問い合わせください。

池田泉州銀行カードローンのお申込み方法は?

池田泉州銀行カードローンには下記お申込み方法がございます。

  • PC・スマートフォンでのお申し込み
  • お電話でのお申し込み
●PC・スマートフォンでのお申し込み
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

カンタン申し込み・通常申し込みの申し込みフォームに必要項目を入力して送信します。

この際に以下の点に注意してください。

カンタン申し込みの場合、【お名前・生年月日・性別・自宅電話番号 ・連絡先電話番号・連絡希望日】のみの簡易的な申し込みとなりますのでお時間をかけずに申し込みされる方には重宝致しますが、ご自身の情報がこちらの項目のみでのご判断となりますのでお時間がある方には通常申し込みをお勧めいたします。

・500万円を超えるお申込には、ご本人さまのご年収が確認できる下記資料をご準備ください。源泉徴収票の写し、または公的収入証明書の原本です。

お申込み受付後、ご登録されましたお電話番号宛に「審査結果のご連絡」の連絡が池田泉州銀行から個人名にてご連絡があります。

※審査の結果、ご希望にそえない場合がありますのでご了承ください。

審査が完了いたしましたら、ご本人様確認となります。

スマートフォン用口座開設アプリをご利用いただくと、口座開設とローンのお手続きがすべて来店不要でできます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36
●お電話でのお申し込み
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

申し込みに必要な項目を池田泉州銀行のオペレーターに伝えていきます。

フリーダイヤルか電話番号で携帯電話からも共通で受付時間は9:00〜17:00(平日のみ)

お申込み受付後、ご登録されましたお電話番号宛に「審査結果のご連絡」の連絡が池田泉州銀行から個人名にてご連絡があります。

※審査の結果、ご希望にそえない場合がありますのでご了承ください。

●FAXでのお申し込み

池田泉州銀行公式サイト「個人のお客様へ」の「かりる」から「カードローン」を選択し、案内ページの「FAX・郵送でのお申込み」から「FAXでのお申込み用紙ダウンロードはこちら」から申込用紙をダウンロード・プリントアウトして、必要事項を記入のうえFAX送信で申し込みを行います。

●郵送でのお申し込み

池田泉州銀行公式の店頭で申し込み用紙を受け取り、必要事項を記入の上郵送で審査の申し込みを行います。

正式契約時に本人確認書類が必要になります。

借入限度額にかかわらず、収入証明書は不要です。

●お申込み方法まとめ

申込方法はインターネットからか電話になりますので、自分の都合に合わせて適した申し込み方法を選べます!

池田泉州銀行の口座を持っているか持っていないかで手続きも変わりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

在籍確認

池田泉州銀行カードローンの申込みでは、複数のお申込み方法が御座いますが仮審査が行われ、審査に通ると本人確認書類の提出と職場への在籍確認が行われます。

銀行カードローンでは、基本的に在籍確認は必ず行われますので、土日・祝日・年末年始の場合は翌銀行営業日での在籍確認となります。

よってお急ぎの場合は平日のお早目のお時間帯にお申し込みをされる事をお勧めいたします。

お申し込み後土日でも審査自体は行われていますので、仮審査の回答は早い段階行われることが多いですが、実際に借り入れできるのは在籍確認や必要書類の提出を行った後です。

在籍確認の電話は銀行名ではなく個人名で電話をかけてくれますのでカードローンの在籍確認とはわからないようにしてくれます。

保証会社

池田泉州銀行カードローンを利用する際には、保証会社による審査が行われます。

審査が通れば、担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社が銀行への保証を行ってくれるものです。

万が一、返済が出来なくなった場合は、保証会社が代わりに返済を行うような流れになります。

ですが、当然、返済が出来なければ信用情報機関に事故情報が記載されてしまいますので、以後の審査では大きく不利になってしまいます。

池田泉州銀行カードローンでは、保証会社が新生フィナンシャル株式会社となっています。

新生フィナンシャル株式会社とは、大手ローンブランドでレイクを始め多くのカードローンの保証会社となっている会社となります。

レイクの審査には通っても池田泉州銀行カードローンでは、審査落ちとなるケースも往々にしてあります。

同一の会社による審査であっても、基準は全くの別になりますので、そのあたりはしっかりと理解と把握をしておくべきでしょう。

池田泉州銀行カードローンは即日融資可能?気になる時間

池田泉州銀行カードローンは営業時間内のお申し込みでも最短で翌営業日の融資になります。

つまり、即日でのキャッシングはできません。

申込後のキャッシングについて、営業日やキャッシングの仕方などについて解説いたします。

借入方法

池田泉州銀行カードローンは、ATMでキャッシングができます。

ほかに振り込みや窓口でのキャッシングの方法はございません。

池田泉州銀行のATM以外にも全国のコンビニATMが使えますので、借入方法は1つでもそこまで不便には感じないでしょう。

※利用時間によって手数料が変わります。※各コンビニATMのご利用時間は変更となる場合がございます。

金利はどうなの?他社とも比較

池田泉州銀行カードローンの金利は14.5%(固定金利)なので、大手銀行系カードローンに比べても遜色ない金利なのでカードローン借り換えやおまとめローンに優れていると言えるだろう。

最高金利に付いては、銀行系カードローンの中でも高い方となっているので、高額融資に向いている事が解るでしょう。

しかし、一般的な消費者金融が18%近い最高金利を提示していることを考えると、十分すぎる金利だといえるでしょう。

それでは、下記の一覧を見ながら他社のカードローンとも比較してみましょう。

サービス名金利遅延利率(実質年率)無利息期間
銀行池田泉州銀行カードローン14.5%(固定金利)19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%14.60%
みずほ銀行カードローン3.5%~14.0%※①19.90%
新生銀行カードローンレイク4.5%~18.0%20.00%
消費者金融プロミス4.5%~17.8%20.00%○※②
アコム3.0%~18.0%20.00%
アイフル4.5%~18.0%20.00%
モビット3.0%~18.0%20.00%
プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。※金利、遅延損害金はすべて実質年率です。
限度額

消費者金融は最大でも500万円が一般的なので、それらの業者に比べと低いと言わざるをえません。

しかし、カードローンキャッシングの場合、100万円までのキャッシングをしている方が多いので、300万円まで枠がれば充分と言えるでしょう。

さらに、最初から300万円の枠にしてくれることはまずありません。枠を広げたい場合は返済をしっかりと行い、実績つくってから増枠申請をしてみましょう。

それでは、下記の一覧を見ながら他社のカードローンと限度額を比較してみましょう。

サービス名限度額収入証明書不要総量規制対象外
銀行池田泉州銀行カードローン300万円300万円まで
三菱東京UFJ銀行カードローン500万円200万円まで
みずほ銀行カードローン1,000万円200万円まで
新生銀行カードローンレイク500万円100万円まで
オリックス銀行カードローン最高800万円原則300万円まで
消費者金融プロミス500万円50万円まで×
アコム800万円50万円まで×
アイフル500万円50万円まで×
モビット500万円×
月々の返済(シュミレーション)

池田泉州銀行カードローンの月々の返済金額はどのようになるのでしょうか。

池田泉州銀行カードローンでは300万円まで収入証明書不要で借り入れできますがここでは50万円までのシュミレーションを下記通りまとめたのでご確認してみましょう。

借入利率:14.5%でご利用された場合で計算しております。

借入金額返済期間(回数)各回返済額返済総額
10万円1年以内(10回)10,681円106,807円
2年以内(20回)5,663円113,253円
3年以内(25回)4,663円116,567円
4年以内(33回)3,697円121,996円
5年以内(51回)2,614円134,764円
20万円1年以内(10回)21362円213621円
2年以内(20回)11,326円226518円
3年以内(29回)8,226円238540円
4年以内(40回)6,344円253774円
5年以内(51回)5,286円269,573円
30万円1年以内(10回)32,043円320,434円
2年以内(20回)16,989円339,784円
3年以内(30回)11,995円359,862円
4年以内(38回)9,906円376,448円
5年以内(51回)7,929円404,376円
40万円1年以内(10回)42,725円427,246円
2年以内(20回)22,652円453,047円
3年以内(31回)15,566円482,550円
4年以内(40回)12,689円507,561円
5年以内(51回)10,572円539,185円
50万円1年以内(10回)53,406円534,058円
2年以内(20回)28,315円566,310円
3年以内(31回)19,458円603,186円
4年以内(39回)16,178円630,932円
5年以内(51回)13,215円673,988円

借入利率:14.5%で50万円までの借入をした場合です。

返済方法

池田泉州銀行カードローンは2つ用意されています!

ただし、手続きが必要なものもありますし、キャッシングする上で返済計画は大変重要ですので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

以下で解説していきます。

1、毎月の自動引き落とし

毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)までに、前月10日の最終残高に応じた約定返済金額が自動引き落としされます。

お申込み時に池田泉州銀行の口座を作ることになりますので、その口座に最低限、返済分の金額は入れておくようにしましょう。

引き落とし方法だとついつい入金を忘れてしまう方がいらっしゃいます。返済が遅れてしまうと信用情報が傷ついてしまうので十分に注意しておきましょう。

2、お振り込みによるご返済

毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)までに、前月10日の最終残高に応じた約定返済金額を必ずご自身にて池田泉州銀行の口座へ入金します。

さらに余裕があるときはATMから追加で返済していくことができます。

毎月の自動返済のみですと、完済までに時間がかかってしまいます。

ATMからこまめに返済していくことをおすすめします。

おまとめローン

池田泉州銀行カードローンは、おまとめ・借り換えに向いているのでしょうか?

優れたおまとめローンの条件として、

  • 低金利であること
  • 総量規制の対象外であること

以上のような点が挙げられますが、池田泉州銀行カードローンは限度額は少し少なめです。

また、池田泉州銀行カードローンは固定金利です。変動金利であれば、一般的には借入金額が大きくなれば金利は低くなりますが、池田泉州銀行カードローンの場合は金利が変わらないので、希望金額によっては他のカードローンの方がおすすめと言えるでしょう。

さらに、問題は審査です。「銀行は審査が厳しい」というイメージがあると思います。

イメージ通り消費者金融よりは審査が厳しくなっています。

池田泉州銀行カードローンのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで池田泉州銀行カードローンについて述べてきましたが、最後に特に重要な点をまとめてみたので確認しましょう!

メリット
  • 低金利でお借り入れされたい方
  • 2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に勤務地のある方
  • 収入証明書が用意できない方
デメリット
  • 短期間での借入をお考えの方
  • 2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にご勤務先がない方
  • 返済を口座引き落としでご精算したい方
  • 毎月10日までに必ずご自身で支払いをしないといけない
池田泉州銀行カードローンを利用するならこんな人にオススメ
  • 2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にお住まいの方及びご勤務先の方
  • 無駄なお手数料・金利を払いたくない方
  • 大型融資を希望の方

池田泉州銀行カードローンの長所は2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にお住まいの方及びご勤務先がある方のみの申し込み制限が御座いますがメガバンクに引けを取らないサービスも御座いますし、銀行カードローンとして平均的なスペックと言えます。

銀行カードローンならではの低金利、収入証明書が不要で本人確認書類だけで申し込みができます。

これらをバランスの取れたカードローンです。

ただし、あくまでも銀行カードローンなので申し込み条件が制限されている事や審査が消費者金融よりも厳しいことはお忘れなく!

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

  • 男性 (30代) より: ★★★★★

    私の場合は50万円程の融資希望なので、14.5%で借入出来たらとても安いし満足です。最寄りの銀行でもありますし、まずは一度相談してみようとおもいます。

  • 女性 (40代) より: ★★★★

    池田泉州銀行カードローンの場合キャッシュカードと一体型なので、財布の中身を見られても借金している事がばれる事も無いですし、何より財布もかさばらないのでとても便利に利用できてます。

  • 男性 (30代) より: ★★★

    申し込み資格に居ないので申し込みは出来ませんが、銀行系カードローンで単一金利で14.5%での借入なのでとても魅力的に感じました。無いと思いますが、申し込み資格の地域に引っ越しした際は申し込みしてみようと思っています。

  • 女性 (30代) より: ★★★★★

    専業主婦で申し込みが出来て低金利で融資してもらえるので、とてもお得な銀行カードローンです。他の銀行や消費者金融に比べても融通も利くイメージなので何かあったらすぐに相談した方がいいと思います。

  • 男性 (30代) より: ★★★★★

    いくらの融資でも金利が単一の為解りやすいです。金利も14.5%なので消費者金融などからお金を借りるよりも無駄な金利を払わないで済む。3%なのでそこまで変わらないが、毎年積み重ねればかなりの金額に到達するので、一個人としては嬉しい!

  • 男性 (40代) より: ★★★★★

    以前消費者金融からの借入がありましたが、その時に比べて金利も格段に低いですし申し込みの際は収入証明の提出も無いので、審査のハードルは低いと感じました。私の様に以前消費者金融からの借入があっても、遅れなど無く返済原資があればまず通る銀行系カードローンではないでしょうか。

年代別人気カードローン

20代~30代に人気のカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンが人気です

  • 当サイト1番人気!最短融資1時間

    プロミス

    プロミスカードローン

  • 貴方はどちらを選ぶ
  • 初めての方なら30日間無利息

    アコム

    アコムカードローン

30代以上に人気のカードローン

低金利と安心感!銀行カードローンが大変人気!

利便性も抜群で更にスピード対応で即日ご融資可能です。

40代以上に人気のカードローン

利便性はもちろん低金利で限度額が大きいカードローンが人気!

おまとめや借り換えローンに利用される方も非常に多いです。

関連記事