事業資金調達方法(ビジネスローンやファクタリング)を比較

2017最新版
おすすめのカードローンとキャッシング18社を目的別に比較してみましょう
事業資金調達方法(ビジネスローンやファクタリング)を比較

会社の経営者にとって、資金繰りの問題は一番大きな問題と言っても過言ではないでしょう。

支払いサイクルとの兼ね合いやキャッシュフローの改善など、その状況によって事業資金調達の方法も変わってきます。

事業者向けの資金調達方法として代表的なものといえばビジネスローンとファクタリングの2つになります。

下記で詳しくビジネスローンファクタリングのことに関して比較・解説しておりますので参考にしながら、それぞれのの仕組みをしっかりと理解していきましょう。

ビジネスローン一覧

ビジネスローン一覧

  • ビジネクスト
  • オリックスVIPローンカード
  • ビジネスパートナー

ファクタリング一覧

ファクタリング一覧

  • 株式会社JTC
  • 資金調達プロ
  • 株式会社JTC
  • 資金調達プロ
  • トップ・マネジメント
  • 三共サービス

事業資金調達一括比較

事業資金調達一括比較

各種ビジネスローンのメリット・デメリットを比較

まずはビジネスローンのサービスを提供してる会社はどういったところがあるのでしょうか?

ビジネスローンを選ぶ時にどのような会社がビジネスローンを取り扱っているかという点も注意しなければいけない点の1つではないでしょうか。

サービス内容はビジネスローン毎にまったく変わってきます。融資時間が早いところ低金利、限度額などをうりにしてるところなど、ビジネスローン会社によってサービス内容は異なってきます。

メリットやデメリットも考えながらまずは主要なビジネスローンを比較しながらサービス内容を理解していきましょう。

  • ビジネクスト

    ビジネクスト
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    8.0%~18.0%1,000万円数日程度数日程度
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    不可必要

    ビジネクストは法人・個人事業主の方を対象にしたビジネスローン(事業者ローン)を提供しているローン会社です。

    最近では多くの金融機関に比較的簡単にビジネスローンを組める商品などがありますが、ビジネクストはその中でも古くからありますし、アイフルの出資で設立されているので、信頼度は抜群と言えます。

    会社を経営していたり、個人事業主として事業活動されている方で、早急にまとまったお金が必要な方に適した商品です。

    ビジネクストカードローンは自社の営業方針を【スピーディーなご融資】と【「非対面」と「対面」の二つの営業スタイル】というSpeedyとStyleの2つの頭文字から【2つのS】と呼んでいます。

    仕事上の急なお支払いでの資金調達や、お忙しくて店舗まで足を運べない場合でもインターネットや電話からお申し込みできるなど柔軟に対応してくれます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS

    オリックスVIPローンカード BUSINESS
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    6.0%~17.8%500万円最短60分最短即日
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    不可必要

    オリックスVIPローンカード BUSINESSの金利は商業ローンに比べると並の金利率となっておりますが、平日14時半までの申し込みなら最短60分審査でカードが手元に無くても簡単ネット振り込みで即日融資がができるのでお急ぎの方におすすめです。

    主要取引先の入金が遅れる・無いなどの予定外の資金繰り悪化にはこのオリックスVIPローンカード BUSINESSで解決できるかもしれません。

    お申し込みも最大融資額500万円までで全6コースプラン展開があり、予めご融資金額に応じた年利も明記があるのでお申し込み時の参考に出来ます。

    また、オリックスグループのレンタカーサービスやホテルなどがご優待価格で利用できるなどの特典もあります。

    即時振込・即時返済の場合パソコンや携帯電話から、24時間365日、手数料0円ご利用できます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
  • ビジネスパートナー(スモールビジネスローン)

    ビジネスパートナー(スモールビジネスローン)
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    9.98%〜18.0%500万円最短即日翌日融資可
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    不可必要最大45日間無利息

    全国大都市及びアジア諸外国に支店を持つビジネスパートナーが打ち出す2012年から始まり力を入れている事業者向けローンがビジネスパートナー(スモールビジネスローン)です。

    ビジネスローンは独自の審査基準で、承認範囲が広く承認率が高いという特徴があります。

    ビジネスローンなので、事業者目的のご融資で、もちろん総量規制対象外でご利用できます。

    2016年時点で顧客数全国45,000社・全国取引販売店数1,390社の顧客保有数となっており、1999年11月設立以後全国の会社との融資実績のある会社が打ち出している信頼できる事業者ローンです。

    日本でも有数のビジネスローン会社です。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ

各種ファクタリングのメリット・デメリットを比較

まずはファクタリングのサービスを提供してる会社はどういったところがあるのでしょうか?

ファクタリング会社を選ぶ時にどのような会社がファクタリングを取り扱っているかという点も注意しなければいけない点の1つではないでしょうか。

サービス内容はファクタリング会社毎にまったく変わってきます。時間が早いところや無利息期間があるところ、低金利や限度額などをうりにしてるところなど、ファクタリング会社によってサービス内容は異なってきます。

メリットやデメリットも考えながらまずは主要なファクタリング会社を比較しながらサービス内容を理解していきましょう。

  • JTC

    株式会社JTC
    最高限度額2社間取引審査スピード買取スピード
    1億円最短即日最短即日
    決算書担保保証人手数料償還請求
    必要なし公式ページをご確認ください。なし

    利用者の98.3%がリピートする脅威のファクタリング会社です。

    最短即日での買取や取引金額も最大で1億円まで可能と好条件でファクタリングを行ってくれます。

    JTCはほかのファクタリング会社と違い、土日も柔軟に対応してくれるなど、親切な点が最大の魅力のファクタリング会社と言えます。

    担保・保証人も必要ありません。

    お申し込みのご相談などは24時間メールで受け付けています。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
  • 資金調達プロ

    資金調達プロ
    最高限度額2社間取引審査スピード買取スピード
    3億円最短即日最短即日
    決算書担保保証人手数料償還請求
    必要なし公式ページをご確認ください。なし

    最大で3億円まで最短即日で買取してくれるファクタリング会社です。

    全国規模で対応してくれるので、利用事業者数は実に1万社を超えています。

    ファクタリングの利用を検討している方は、10秒カンタン無料診断があるので試してみましょう。

    また、償還請求がありませんし、担保や保証人も用意することなく利用することができます。

    また、銀行やノンバンク等資金調達と違い、お取引先(売掛先)の信用を重視して審査が行われます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
  • トップ・マネジメント

    株式会社トップ・マネジメント
    最高限度額2社間取引審査スピード買取スピード
    最短即日最短即日
    決算書担保保証人手数料償還請求
    必要なし公式ページをご確認ください。なし

    延べ3万社を超えるファクタリング実績がある会社です。

    健全な事業を営んでいれば、法人に限らず個人事業主でも申し込みが可能です。

    また、設立期間や赤字決算などでも対応してくれます。

    買い取り上限総額は1億円と高く設定されているのも特徴です。

    担保・保証人も必要ありません。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
  • 三共サービス

    三共サービス
    最高限度額2社間取引審査スピード買取スピード
    最短2日最短2日
    決算書担保保証人手数料償還請求
    必要なし最低1.5%なし

    三共サービスは2社間取引も可能なので、取引先にバレることなくファクタリングを行ってくれる会社です。

    償還請求権がなく、担保や保証人、手形は必要ありませんので、金銭消費貸借に代わる新しい資金調達として利用することができます。

    契約完了後は即日で指定の銀行口座に振り込まれるので素早い資金調達が可能です。

    さらに業種は関係なく、お申込みができます!

    担保・保証人も必要ありません。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ

評判のおすすめ資金調達方法を確認していきましょう

ビジネスローンを選ぶ際に金利が一番低いところにどうしても目がいってしまいますが、基本的に大口の借入でないと最低金利で借入することはまず出来ません。

初めての方や少額の借入の場合は最大金利が適用される場合が多いので注意が必要です。

またファクタリングの場合は手数料や限度額がファクタリング会社によって大きく異なります。

まずは融資をしてもらって後で返済していくのか、売掛債権を買い取ってもらい手数料を引いた分を先に手に入れるのか、用途に応じて適切な資金調達方法を選びましょう。

ビジネスローンやファクタリングを一括比較

実際に利用された方の声や口コミは本当に参考になるものが多いです。

先程も記載させて頂きましたが、ビジネスローンやファクタリングの公式サイトなどからでは実際にわからない情報はいくつもございます。

公式サイトに審査時の対応が記載してあるわけではありません。

審査に関しては実際にビジネスローンやファクタリングの審査を経験した人でないとわからない部分もございます。

ビジネスローンの金利やファクタリングの手数料に関しても状況によって変わってくる場合が多々ございます。

必要書類なども実際には記載通りでない場合なんてよくあることです。

オペレーターの対応なども口コミなどからでないと一切情報は入ってきません。

当サイトでも皆さまからのビジネスローンやファクタリングの口コミを頂戴しております。

各会社の口コミも是非参考にして資金調達のことを更に詳しく知っておきましょう。

おすすめのビジネスローンとファクタリングを一括比較してみましょう。

会社のキャッシュフロー改善のためにも、全ての会社の情報を頭に入れて、資金調達に役立てることをおすすめします。

入金を手数料などで減らしたくない方はビジネスローン!お急ぎにも対応です。
サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト申込
ビジネクスト

ビジネクスト

8.0%~18.0%1,000万円数日程度数日程度詳細はコチラ
必要不可公式ページへ
オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESS

6.0%~17.8%500万円最短60分最短即日詳細はコチラ
必要不可公式ページへ
ビジネスパートナー(スモールビジネスローン)

ビジネスパートナー(スモールビジネスローン)

9.98%〜18.0%500万円最短即日翌日融資可詳細はコチラ
必要最大45日間無利息不可公式ページへ
ファクタリングですぐにキャッシュフローの改善!審査に不安な方におすすめです。
サービス名最高限度額2社間取引審査スピード買取スピード詳細ページ
決算書担保保証人手数料償還請求申込
株式会社JTC

JTC

1億円最短即日最短即日詳細はコチラ
必要なし公式ページをご確認ください。なし公式ページへ
資金調達プロ

資金調達プロ

3億円最短即日最短即日詳細はコチラ
必要なし公式ページをご確認ください。なし公式ページへ
トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

最短即日最短即日詳細はコチラ
必要なし公式ページをご確認ください。なし公式ページへ
三共サービス

三共サービス

最短即日最短即日詳細はコチラ
必要なし公式ページをご確認ください。なし公式ページへ

ビジネスローンやファクタリングの審査基準や時間

ビジネスローンやファクタリングで資金調達したいと思ってる時に一番気にされるのはやはり審査ではないでしょうか。

審査に通らなければまず元も子もありません。

更に一度どこかビジネスローンの審査に落ちてしまいますと他のビジネスローンにもすぐすぐは審査に通りずらくなってしまいます。

申し込み情報も信用情報機関で情報を共有しておりますので、いつどこにお申込されたかすぐにわかってしまいます。

1度に何件のビジネスローンに申し込みしようとするのではなく、審査基準などをしっかり抑えてどこのビジネスローンにお申込か絞るのがベストと言えるでしょう。

また申し込みする際に虚偽の申告するのは絶対にやめましょう。

調べようと思えば結局わかってきてしまうことですので借入がある場合などは正直に伝えるようにしましょう。

反対にファクタリングの場合は、信用情報などは関係ありません。売掛債権の売買となりますので、売掛債権さえあればキャッシュを手に入れられる可能性が高まります

ビジネスローンやファクタリングの審査基準は?

ビジネスローンの審査基準はどうなっているのでしょうか。

ビジネスローン各社が審査時にのどこの部分を気にして確認しているかを抑えておきましょう。

ビジネスローンには銀行のビジネスローンとノンバンク系のビジネスローン、それから政府系金融機関によるビジネスローンの3種類があります。

ビジネスローンの審査に通るための最低条件は、一般的には、申し込みの時点において、税金の未納がない、2年以上のの業歴がある、最新決算期において債務超過でないことなどがあります。

このほかに所定の事業計画・収支計画・資金計画の提出などが求められることもあります。

これらは申し込みの条件であって、申し込みができても審査に必ず通るとは限りません。

審査が厳しいといわれるのは銀行のビジネスローンです。銀行のビジネスローンは提出書類も多くなっています。ただ、審査が厳しい分、低金利というメリットがあります。

銀行の融資には信用保証協会保証付融資というのがありますが、これは保証協会の保証が付くので、保証のつかない融資(プロパー融資)よりも審査が通りやすくなっています。

ですから、最初はこの信用保証協会保証付融資から始めるのがベストで、その後、実績を作ってから保証のつかないプロパー融資を受けられるようにしていきます。

もし、信用保証協会の保証がなくても、審査に通る可能性が高いのであれば、保証のつかない融資を選択し、業績が悪化したときに、信用保証協会保証付融資を利用するという方法もあります。

銀行のビジネスローンを利用する場合は、決算書の提出が不可欠ですが、決算書からは安全性や収益性などが分析されます。

また、経営者の能力や業界内でのその会社の位置づけなども考慮され、点数化されます。この点数が高いほうが審査には通りやすいわけです。

ノンバンクのビジネスローンの場合は、金利が高いというデメリットがありますが、審査はゆるく、提出書類も少なくなっています。

審査がスピーディーに行われるので時間の余裕がないときには助かります。また、返済期間も銀行のビジネスローンよりも長く設定されています。

ファクタリングの売掛与信については、よく誤解されがちなのですが「わが社は大手とやりとりしているのだから大丈夫だ、手数料も抑えられる。」ということをおっしゃる方が多いですが、そんなことはありません。

もちろん、大手であるに越したことはないですし、審査の上で優遇されることは間違いありません。

しかしながら、たとえ一部上場企業が売り掛け先であっても、それが「=手数料を下げても良い」とは簡単にファクタリング会社は判断することはしません。

交渉の際に大切なポイントの一つ、という認識ぐらいがちょうど良いかと思います。

買取金額については「ファクタリング会社は当然大きな金額を買いたい」というのが本音です。

しかしながら「初回取引では月商の30%前後まで」としているファクタリング会社が多いのが現状です。

もちろん相談内容にもよるのですが、あまりにコストがかかりすぎて倒産してしまうことはファクタリング会社にとっても喜ばしくはないからです。

また、手数料の固定部分の金額を考えても、1件で100万円を超える売掛金の買取が好まれているようです。

ビジネスローンやファクタリングの審査時間は?

ビジネスローンの審査は必要書類が届いてからになりますが、書類が届いてから最短1日で審査回答が出る場合もあります。

ビジネクストやビジネスパートナーは審査が早いと言われています。

ネット申込み後に必要書類を送付するのが最も審査結果が早くわかりますが、それでも審査結果が出るまでに申込みから2~3営業日は見ておく必要があります。

貸金業者のビジネスローンでは、仮審査結果の連絡は即日来る場合もありますが、即日融資が受けられる所はありません。

また、カードを発行し何度も繰り返し借りられるタイプのビジネスローンでは、カードが手元に届くまでに時間がかかるものもあります。

ファクタリングの場合、即日買取してくれるところもありますが、初めての契約であったり、売掛先企業と自社及びファクタリング会社との三社間取引となる場合、売掛先企業の承諾を得る必要があるので、交渉や手続きの手間や時間がかかる場合があります。

ビジネスローンやファクタリングの必要書類

ビジネスローンにしろファクタリングにしろ、あらかじめ申し込みにおける必要書類を準備しておけば、スムーズに進められるでしょう。

お金を必要としている状況では、すぐにでもお金を調達したいということが多いです。

最低限の書類は準備しておき、なるべくタイムロスをなくしましょう。

ビジネスローンの必要書類
①.本人確認書類

申し込み者の本人確認書類が必要です。運転免許証、パスポート、住基カードなどが本人確認書類になります。

名前や住所を確認するもので、個人情報を照会し、個人の借入状況などを調べます。

②.収入証明書

収入証明書はビジネスローンによって提出させる場合とさせない場合があるようです。

収入証明書は申告している年収が正しいものか確認するためのものです。

ビジネスローンの審査対象には含まれますが、収入証明書自体はあまり大きな意味は持ちません。

③.決算書・確定申告書

法人経営者のの場合は決算書、個人事業主の場合は確定申告書の内容をみて審査に反映させます。

決算書では経営状態の安定性や資金の流れをチェックして融資可否の判断材料にするのです。

2期分の決算書を求めるところや、1期分の決算書だけでいいところ、経営状況報告書を求める場合など、各ビジネスローンによって異なります。

ファクタリングの必要書類
商業登記簿謄本と印鑑証明書

契約書に署名押印するサインや印鑑の証明として提出を求められます。

他に身分証明書や住民票を提出しければならない場合もあります。

申し込み前に準備しておくと審査にスムーズに移行できるでしょう。

決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料

直近3年分あると良いとされています。

前回の決算月より3~6カ月以上過ぎている場合には当年度の試算表などが必要な場合もあります。

業歴が浅い場合や決算内容が良くない場合でもファクタリングの審査は通ることもあります。信用情報に傷がつくことはないので、不安でもまずは審査に出してみると良いでしょう。

売掛先企業との基本契約書

売掛先企業との間で取引基本契約を結んでいる場合には用意しておきます。契約書がない場合でも大丈夫な場合があります。

個別の契約書や発注書、納品書、請求書など

売掛金の元になる商品やサービスに対する契約書や発注書、請求書などを準備しておきます。そして、売掛債権の額や入金日の確認を行います。

過去の入金の確認ができる通帳

過去の売掛先企業との継続的取引の有無を確認しておきましょう。

基本的に必要な書類は上記の5つです。

それぞれの書類と何を見られているのか、どうやってそれらの書類を用意すれば良いのかを踏まえる事で落ち着いて審査を受けられる体勢を整えておくことが大事です。

上記以外にも所有している不動産があればその書類や、事務所を賃貸している場合には賃貸契約書など要求される場合もありますのであらかじめ全て準備しておくと良いでしょう。

ビジネスローンの金利とファクタリングの手数料を比較

ビジネスローンも個人のカードローンキャッシングと同じで金利には幅があります。

しかし、ビジネスローンとなると、個人のキャッシングとは違い、100万円を超える融資も珍しくありません。

貸金業法では100万円以上の融資については上限金利が15%以下となっていますので、個人のカードローンよりは金利は低いです。

ただし、個人のカードローンと同じように、ビジネスローンも上限金利が適用されることが多いので、ビジネスローンを選ぶときは下限金利ではなく、上限金利で比較するようにしましょう。

また、返済実績を積んだり、利用年数が増えていけば、信用も増えるので金利が下がる可能性はおおいにあります。

ファクタリングの手数料とひとくちにいっても、ファクタリングの仕方や状況などによって条件は変わってきます。

実際に資金調達に用いられるのは「一括ファクタリング」と呼ばれるものです。

さらに言うと売り掛け先に通知が必要な「3社間ファクタリング」と売り掛け先に通知が必要ない「2社間ファクタリング」が存在している為、その両者の手数料を比較する事から業者選びは始まるといっても過言ではありません。

さて、その2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料の違いなのですが、かなり大きな差があります。

ビジネスローンの場合三社間取引の場合二社間取引の場合
100万円以上の融資は上限金利が15%以下手数料相場が安い。手数料相場が高い。
金利は大体6%前後~18%程度手数料は売掛債権額の1~5%程度手数料は売掛債権額の10~30%程度
金利の計算方法

ビジネスローンは借入金額と利息の合計を返済していくので、金利に対してでどのくらい利息を払っていくかを把握することはとても大事なことです。

金利には日歩、月利、年利の3種類ありますが基本的にビジネスローンなどの金融業界で使われているのは年利となっております。

では借入金額や金利からどのように利息を導きだせばいいのでしょうか。計算式は下記通りとなっております。

利息=借入金額×金利×借入期間

上記の計算式にいくつか試しに当てはめてみましょう。

例①)借入金額30万円、年利18.0%、借入期間半年間の場合

利息=30万円×18.0%÷365×180

計算するとおよそ26,630円となります。

1年間で完済した場合は単純に利息が2倍になりますので53,260円となります。

例②)借入金額100万円、年利10.0%、借入期間2年間の場合

利息=100万円×10.0%÷365×730

計算するとおよそ200,000円となります。

1年間で完済した場合は単純に利息が半分になりますので100,000円となります。

返済期間が長ければ長い程お支払いする利息も高くなります。

もちろん返済期間が短ければ短い程、お支払いする利息も低くなります。

ビジネスローンの金利から利息をいくら払うことになるかをしっかり抑えることで計画な借入をすることが出来るのはないでしょうか。

手数料の相場

相場に関してはすでに申し上げたとおり15%~25%前後が現在の主流だと考えられますが、基本的には30%以内に収まることがほとんどです。

契約内容や与信、資金繰りの状況が芳しくないとしてもほとんどが30%までに収まります。

これには理由があり、粗利よりも大きな割合を請求してしまうと利用するだけで完全に赤字になり資金調達の意味がなくなってしまうからです。

会社によって手数料を決める基準は様々ですが、しっかりとした会社では頂いた資料から改めて資金繰り表を作成し直し、計算の上で数字を提案してもらえるはずです。

上記でも述べたように手数料は面談時、契約者との対話や書類の原本の確認の上で決定されるものですが、虚偽申告や書類偽造・意図的な債権の二重譲渡や不良債権の売買でない限りは手数料が跳ね上がる事はそう多くはありません。

できる限りの低い手数料を求めるよりも、自社の持つ債権の現在の評価額をまずは真摯に受け止めましょう。

その上で不審な手数料だと思った際には斡旋業社などに事情を話し、相談してみてください。

ビジネスローンとファクタリングの比較についてまとめ

如何でしたでしょうか?

ビジネスローンとファクタリングのことをより理解することは出来ましたでしょうか。

よく理解しておくことでその時々に応じて使い分けをすることも出来るのではないでしょうか。

少額で短期の借入のとき、長期で高額なとき、急いでるとき。ビジネスローンやファクタリングをより理解しておくことで会社の経営状況に合わせてうまく利用出来るはずです。

また予め審査や必要書類について用意しておくことで焦ることも慌てずに対応することが出来ます。

利用後の返済方法やサービスなども理解しておけばスムーズではないでしょうか。

更に詳しくビジネスローンやファクタリングのことを知りたい方は各特集ページもご参考にして頂ければと思います。

年代別人気カードローン

20代~30代に人気のカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンが人気です

  • 当サイト1番人気!最短融資1時間

    プロミス

    プロミスカードローン

  • 貴方はどちらを選ぶ
  • 初めての方なら30日間無利息

    アコム

    アコムカードローン

30代以上に人気のカードローン

低金利と安心感!銀行カードローンが大変人気!

利便性も抜群で更にスピード対応で即日ご融資可能です。

40代以上に人気のカードローン

利便性はもちろん低金利で限度額が大きいカードローンが人気!

おまとめや借り換えローンに利用される方も非常に多いです。

関連記事